健康食品

 

抗酸化物質

高齢者血液中のカロテンの量と質(2000人)を調べた所、血液中のカロテン量の多い人は、老化の割合が少なく、元気なことがわかりました。(太田教授の著書より)

 

抗酸化物質は、活性酸素を減らす他に、ミトコンドリアを活性化させる役割もあります。

  • カロテン(人参の赤)
  • リコピン(トマトの赤)
  • ルテイン(ほうれん草、ケール、緑黄色野菜)
  • アスタキサンチン(鮭のピンク色)
  • カテキン(ポリフェノールの一種・お茶)
  • レスベラトロール (ポリフェノールの一種・赤ぶどう)

 

体では十分な量の抗酸化物質を作り出せないので、植物の力を借りる必要があります。

南方の植物は、紫外線も強いので、特に抗酸化物質が多いのが特徴です。

また、赤や黄色の野菜や果物は抗酸化物質を沢山含んでいます。

 

人間の体が作る活性酸素撃退物質はグルタチオン。

グルタチオン生成には、イオウ成分が必要で、にんにく、ニラ、ブロッコリーの新芽などから取れるイオウ成分がグルタチオンに使われます。

 

デトックス

鹿児島県霧島山水系の中に含まれるサルフェートイオンはデトックスに有効な成分で、皮膚や軟膏を作るためにも必須な成分。

 

水素水をご注文されたい方は、ご連絡ください

世界150カ国で購入できますが、住んでいる国により、注文・登録サイトが違いますので、

注文サイトと登録の仕方など、ご連絡せていただきます。