水と健康

 

毎日飲む水の質を向上させることにより、健康を保つことができます。

 

水道水には、高質なフィルターを使用

水道水は、カルキを含む化学物質や不純物が混じっている可能性が多いため、高質なフィルターを使用することをおすすめします。

 

水素水

さらに、フィルターを通した後、水素水を作成することにより、酸化還元電位 (ORP) を高めると同時に、水素の様々な健康効果を得ることができます。

水素を摂るには、

  1. 市販の水素水を購入する
  2. サプリメントで摂る
  3. 水素入浴剤 (水素化マグネシウム)
  4. 水素化マグネシウムの入った化粧品
  5. 水素水サーバーを使って作成

があります。

水素水サーバー、市販の水素水、サプリメントには、まがい物や偽物が多く出回っているようなので注意が必要です。

 

太田成男教授にお聞きした所、以下の製品は確かだということです。

1. 市販の水素水 (太田教授確認済み)

  • イズミオ (会員制) ➖ 水素濃度は、一番高いです。
         現在、イズミオ水素水を使用して臨床試験が行われていて、効果に関する医療データも出てきています。     
         登録する必要があるので、ご連絡ください。
  • 浸みわたる水素水 アビストH&F(熊本県菊池水系)
         https://www.abist-hf.com/product/
  • 縁(えにし)と結(ゆい) メディソル(島根県、出雲市との共同開発)
         http://www.medisol.jp/product/
  • 高濃度 水素たっぷりのおいしい水 メロディアンハーモニーファイン(錦川水系)
         http://www.melodianhf.com/
  • 高濃度ナノ水素水 仙寿の水 健康家族(鹿児島県霧島水系) 
         https://www.kenkoukazoku.co.jp/food/senjunomizu/
  • 高濃度ナノ水素水キヨラビ KIYORAきくち(熊本県菊池水系) 
         http://www.kiyora-kikuchi.com/products/

 

2. サプリメント (太田教授確認済み)

以下の2社は、どちらも医師が開発に関与していますので、安全安心で、ちゃんと水素も発生します。
患者さんも飲んでいます。ただ、2015年10月に、太田先生にお聞きした段階では、サプリメントでの効果に関するデータは、まだはっきり出ていないと言われていました。

 

3. 水素入浴剤 (太田教授確認済み)

 

4. 化粧品 (太田教授確認済み)

  • Auter 化粧品
          http://auter.jp

 

5. 水素水サーバー (太田教授の著書より)

大きくわけて、3つのタイプがあります。

  • 電気分解で水素を発生させ、水素を溶かす。
    このタイプは、電極が汚染しやすいので注意が必要。
    酸素と水素の発生領域を膜で隔離するタイプでは、その膜が汚染の原因になりやすい。
  • 水素ガスの圧力をくわえるなど、ぼこぼこと水素ガスの記法を液体の中で生じさせ、水素水を作るタイプー飲む水が電極と直接接しない。
  • マグネシウムと水を反応させて水素を発生させる

 

水素を食べてエネルギーを作るバクテリア (サルモネラ菌、腸チフス菌など) が結構多いため、サーバーは、雑菌の混入に注意が必要です。

また、衛生のため、水素水をためておかないようにしましょう。

電極が水に触れるタイプでは、電極から溶ける金属の身体に対する影響が分かっていないので、注意が必要です。

 

水素水を注文されたい方は、ご連絡ください

世界150カ国で購入できますが、住んでいる国により、注文・登録サイトが違いますので、

注文サイトと登録の仕方など、ご連絡せていただきます。

Auterの、水素水飲料としての使い方は、こちらをご参考ください。