ほんと? 不労収入、リスクの無いビジネス

 

ナチュラリープラスは、「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名な大富豪ロバート・キヨサキさんも推薦しているネットワークビジネスです。  

ロバート・キヨサキさんは、不動産で大富豪になられました。 多くの人は労働することにより収入を得ていますが、自分の時間を切り売りしている労働収入には限界があります。会社や人に雇われている限りは、雇い主があなたの能力を評価して払う金額までが限界となりますし、 あなたが働けなくなった時点で収入は無くなることになります。

ロバート・キヨサキさんは、金銭的に成功するには、権利収入しかないこと、そして、彼が世に存在するビジネスを調べた結果、ごく一般の人が権利収入により大きな富を得ることのできるビジネスは、ネットワークビジネスしか無いと言われています。  

 

もしかすると、「ネットワークビジネス」 と聞いただけで、悪いイメージをもたれる方もおられるかもしれません。
従来のネットワークビジネスで苦労されたとか、メディアで否定的な報道を聞いたとか、私自身の過去の経験からも、その気持ちがとっても理解できるのですが、それでも、ちょっと読み続けてみてください。

 

まず、ネットワークビジネスを選ぶ際に、考慮しなくてはいけない点は、以下です。

  • プランの良さ (私でも無理なく収入を得ることができるプランか)
  • 製品の良さ (自分が使い続けたいと思う製品か。人に薦めたいと思う、自信を持って薦められる製品か。)
  • 会社のモラル (会社利益優先なのか、それとも、世界や個人に貢献することをミッションとしているか)
  • 会社の経営状態 (毎年多くのネットワークビジネスが誕生するが、90%以上のネットワークビジネスは、数年以内に倒産するといわれている)

 

プランの良さ

世の中には、様々なネットワークビジネスがありますが、ナチュラリープラスは、その中でも、最も良心的にプランができているといえます。そのため、過去に様々なネットワークビジネスで失敗したけれども、現在はナチュラリープラスで成功している人たちが沢山おられます。 誰でも無理なく容易にできるビジネスプランであることは、ナチュラリープラスで最も収入を得ているのが過去に仕事の経験のない主婦60才代~100才以上と高齢の方々であることからもわかります。

製品の良さ

これは同時に、製品の良さの実証ともいえます。ネットワークビジネスは、口コミで広がるため、製品が良い結果を出さなくてはビジネスが成長しません。年をとるにつれ、身体に不具合が増えてきますが、ナチュラリープラスの製品をとることにより、健康になったことが口コミで広がっていき、結果を出す製品として、全国一位の売上を維持しています。 例えば、水素水市場では、IZUMIO が日本国内でも、世界でも、売上一位品質・水素濃度も世界一位を誇ります。スーパー ルテインという目が良くなると評判のサプリの売上も、ルテインサプリとして日本・世界一位の売上を誇ります。

さらに、今後も 品質を常にトップに保つため、各分野の世界的権威がアドバイザーになられています。例えば水素水では太田教授やノーベル賞候補のDr. ガース・ニコルソンルテインではカルチノイドそのものの発見者であり、カルチノイドの権威 Dr. フレドリック・キャチックがアドバイザーです。

会社のモラル

多くのネットワークビジネスの会社では、会社の利益が優先されるために、プランに制限が設けられ、一般の人が収入を得難くなっています。 ナチュラリープラスは、世界の一人一人が幸せにと考え、通常のネットワークビジネスの制限を取除き、より多くの人が無理なく続けれるように、無理なく成功できるようにと考えてプランが作られています。 多くの福祉団体に寄付をしたり、東北大震災や、熊本の震災の時にも、水素水IZUMIOを無料供給するなど、社会福祉活動にも積極的に参加しています。

会社の経営状態

ナチュラリープラスは、34社を経営し、14カ国で事業展開している 米国のUNIVA Capital Group の事業の一つです。1999年に日本で発足して以来、アジや各国に米国へと、ビジネスは世界規模で成長し続け、借金無しの健全な会社です。会社は、今後100年は、事業を続けると宣言しています。 

 

現在の時点で、ナチュラリープラスで、一番稼いでいる人は、累計30億円の70歳代の女性です。 現在多くの人が、月収100万円以上を稼いでいます。

 

5 Riches

 

ネットワークビジネス収入は、継続的に得られることが特徴ですが、ナチュラリープラスでは、普通の高齢者の人が多いのが特徴です。 逆に言えば、普通の高年齢者の方々ができるくらい、簡単なビジネスモデルだと言うことになります。

  • 5人に1人 は収入を得ている。
  • 収入を得ている 40% 以上の人は、60 才以上
  • 収入を得ている 100才以上の人は、42人
  • すでに 1億円以上の収入を得た人は、250 人
  • 子供にビジネスを残すことができる。
  • 収入を得ている年齢層は、18才から100才以上

marketing

 

通常、ビジネスを始めるには、初期投資金額が高く、オフィスを借りたり、人を雇ったり、また商品の在庫管理や発送、集金、製品開発コストなど、様々なコストや労力が必要となってきますが、ナチュラリープラスネットワークビジネスでは、これらは全く必要ありません。

  • 初期投資無し。 健康のために既に製品を1つでもとっているなら、ビジネスに余分にかかる費用は無し。
  • 製品開発は、会社がしてくれる。
  • オフィスを借りる必要無し。 
  • 従業員を雇う必要なし。
  • 自分のスケジュールでできるので、時間が自由

さらに、ナチュラリープラスが他社のネットワークビジネスと大きく違う点は、

  • 支払額が高い。8つのボーナスがありますが、
    • Day Cycle Bonus は平均すると、ダウンラインの購入ポイントの約7-8%
    • Leadership Bonus は、スポンサーしたダウンラインの月収の25%
    • その他のボーナス、例えば、会社のProfit Sharingボーナスなど。
  • 貯まるポイントには、有効期限無し
  • 締め切り無し
  • ダウンラインのレベル(深さ・長さ)に制限無し。つまり、100人先のダウンラインのポイントもたまります。
  • ダウンラインのレベル(深さ)によって、支払いのパーセントが変わらない。つまり、100人先のダウンラインも、1つ下のダウンラインと全く同じように、同じ量のポイントがたまります。
  • 毎週水曜日が支払日。
  • バイナリーシステムなので、チームで助け合いながらビジネスを構築するシステム。
  • 150カ国で、シームレスにビジネス展開することができる。
  • カスタマーサポート、製品発送、集金は、すべて会社がします。
  • 売るもの無し。在庫は常にゼロ。

 

ナチュラリープラスは、バイナリーシステムなため、例えば、自分は人との会話が苦手でも、次のような例で、収入が入ってくることもあり得ます:

  1. アップラインの誰かが、自分の下に人を入れていくため、知らないうちに自分にもポイントが溜まってくる。
  2. 自分がスポンサーで入れた1人が、ビジネス大好きな人で成功したため、その人のボーナス収入の25%が自分にも毎週支払われる。例えば、北海道の竹田さん(70才)のケースでは、紹介した須甲さんが月240万円のボーナス収入を得るようになったため、紹介者の竹田さんに月60万円会社から支払われた。
  3. 商品、またはビジネスに興味のある人とたまたま出会ったので、アップラインの誰かに紹介する。アップラインの説明でその人が登録したため、自分にポイントがたまり、収入が入ってくる。
  4. 商品、またはビジネスに興味のある人がいたため、定期的に無料で行われているウェビナーや、会社のセミナーの情報を渡しておいたら、その人が登録して、自分に収入が入ってくるようになった。

 

他のネットワークビジネスとの比較

多くのネットワークビジネスの会社では、会社の利益が優先されるため、プランに制限が設けられ、一般の人が収入を得難くなっています。 その一部の例としては、

  • 高いビジネスパッケージを最初に購入する必要がある
  • ランクを保つために一定金額の売上を保つ必要がある
  • 溜まったポイントが月ごと、または、毎年ゼロにフラッシュされる
  • 在庫をかかえる必要がある
  • ポイントが得られる段数に制限がある (7段下までポイントが貯まるが、8段目からはポイントはたまらないなど)
  • ポイントが得られるパーセントが、段数によって違う (1段目は7%、2段目は6%、3段目は5% など)
  • ある程度の人数をリクルートする必要がある

そのため、ネットワークビジネスで失敗した人は数知れず多く、悪いイメージがつきまとっているのが現状です。 上記のような制限により、ビジネスを続けるための労力は計り知れず、成功する人は、ほんの一部のトップの人だけになってしまっているため、悪いイメージが付いてしまったのも納得できます。

これらの制限を全て取り除いてしまったのが、ナチュラリープラスです。 また、他のネットワークビジネスには見られないバイナリーシステムにすることにより、チームで助けあって皆で一緒に成功するというビジネスモデルになっています。

 

ナチュラリープラスは、現在、150カ国でビジネスが展開されています。

150 countries

 

 

ナチュラリープラスは、1999年に日本で設立。

一つの商品だけで、3年目には、100億円、5年目には、300億円の売上をあげました。

2007年には、水素水を商品に追加。この水素水も、世界で売上一位。現在15種の製品を販売しています。

offices

 

販売も世界展開。現在、日本、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、韓国、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、そして、アメリカにオフィスがあります。. 

アメリカへは、2014年11月に上陸したばかりで、今は絶好のビジネスチャンスといえます。

 

ナチュラリープラスについて、ビジネスについて、また、商品について、ご質問がある方は、お気軽に ご連絡ください